「菌類とオレの仕事」を開催しました

2019年2月3日(日) バックグラウンド学部 開講記念イベントとして、「菌類とオレの仕事」とプレ講演「うんこはごちそう」を開催しました。晴天に恵まれ、午前・午後あわせて延べ20名で学びあいました。ご参加くださった皆様、開催にご協力くださった皆様、ありがとうございました。

菌類にかかわる仕事をしているお二人のバックグラウンドに触れて見えてきた共通点は、「よき師との出会い」 とまっすぐに突き進む「シンプルな思考と行動力」、そして 「命をいただいている」という強い認識でした。

参加した皆さんは、自分の体に入ってくるものと出ていくものはすべて命のやりとりであることと、菌類が深く関わっていること、そして自分の仕事や働き方について、新たな視点を得ることができたのではないでしょうか。

参加者アンケートには92%の方が回答してくださり、その100%の方から「参加してよかった」と評価をいただきました。今後の活動への弾みとなります。参加者の声をいくつかご紹介します。

<今日の感想>
・菌の生死を握っている命の大切さなど大切な話だった。
・「うんこ」を通して、今までの自分の常識や考えを改めて見つめ直す機会になりました。これからも色んなことを学んでみたいと思いました。
・菌とかウンコとか、テレビで知った程度の知識とか持っていなかったけど、こうして話を聞くことができてよかったです。私は4月から大学へ進学するのですが、興味のあった環境学科へ進みます。私のやりたいことはまだ見つかっていないんですが、お二人の好きなことをやって輝いている姿を見て、自分も頑張ろうと思いました。とても楽しかったです。
・もっとしゃべりたいです^^ (2時間ってすぐ)

<きさらづ大学に今後期待すること>
・学生時代に学校で学んだことや勉強したことを、別な目線など、改めて考えなおせるような講演会などを企画して欲しいです。
・ノグソの活性化
・おもしろい人のお話。

ひととわ

糞土研究会 ノグソフィア