2月2日(日) ウンコロジー入門

バックグラウンド学部は1周年を迎えます。2年目はさらに学びを深めていけたらと思います。

お正月に食べたおいしいごちそうの産地や生産過程を知ることも大事なバックグラウンド(背景)ですが、食べたあとのものがどこへ行き、どうやってまた私たちに戻ってくるのか。とても見えにくい社会になってきましたが、それも大事なバックグラウンドです。

昨年、2019年2月の開講イベント「菌類とオレの仕事」にゲストで来ていただいた 糞土師 伊沢正名さんが12月に新著「ウンコロジー入門」を刊行されました。小学校高学年くらいから理解できる内容になっています。

この本を読むと、呼吸をして二酸化炭素を吐き、命をいただきうんこを自然に返すだけでも、ヒトは生きる意味があることを理解できると思います。

今回は伊沢さんに再び木更津へお越しいただき、ウンコロジー入門の元になったスライド講演のほか、本の読みどころや制作秘話をお話しいただきます。出版記念を兼ねたイベントになります。

ゲスト

のぐそのプロ(元自然写真家)
糞土師 伊沢 正名
糞土研究会 ノグソフィア http://nogusophia.com/

詳細

日時: 2020年2月2日(日)13:30~15:30
 (開場 13:15 終了後、サイン本の販売)

場所: 三友社書店 千葉県木更津市文京1-4-16
木更津市立図書館向かい JR木更津駅より徒歩8分

参加費: 一般1,500円 大学・専門生1,000円 高校生以下500円
定員: 25名

お申込み

下のフォームからお申込みください。申し込みなしでも空席ありの場合は当日参加も可ですが、万一中止の場合の連絡ができません。ご質問などはお気軽にどうぞ。